時給というのは、いくつの法律があります。

時給は最低額が上がってきた。
時給は最低額が上がってきた。

時給というのは法律で

時給というのは、いくつの法律があります。労働基準法で決まっていることがあります。それは、割り増しの義務です。労働者が時間外労働をするときには、基礎賃金の1.25倍以上の賃金を支払うことが義務になっています。所謂、残業代というものであり、これは時給でもあるわけです。深夜労働をした場合には、こちらも基礎賃金の1.25倍以上の割増の賃金を貰うことができます。ちなみに以上、ということになっていますから、確実に1.25倍である必要性はないです。あくまでそれ以上であればよいわけです。更に他にも規定があり、休日労働の場合は、基礎賃金の1.35倍以上の割増で給金を貰うことができます。ちなみに深夜労働であり、そして、休日労働であった場合、加算されることになりますから、1.6倍以上にする必要があります。休日労働はともかくとして、深夜に働くことがお勧め出来るのは時給が高くなるからです。

では、どうして深夜に働くことに割り増しになるのか、というとそれはなんといっても人が基本的には少ないです。言うまでもありませんが、夜というのは人間が原則的には動く時間ではないからです。慣れれば大したことはないですが、慣れるまでは大変です。