時給で働く、ということにははっきりとした時間帯で働ける、という意味もあります。

時給は最低額が上がってきた。
時給は最低額が上がってきた。

時給で働くということには

時給で働く、ということにははっきりとした時間帯で働ける、という意味もあります。つまりは、基本的には何時から何時まで、という約束でしっかりと働くことができます。もちろん、いくらでも例外はあります。なんといってもフルタイムでしっかりと労働している場合では時給であろうともかなり戦力として期待されている、というわけです。ちなみにフルタイムで働いている場合は、残業代も期待できます。それは時給の1.25倍を支払うこと、という法律があるからです。正規雇用でも残業代を狙う、ということはよくありますが、アルバイトであればそれはさらによくあります。ちなみに時給というのは、基本的には非正規雇用、ということになります。それでも需要がある働き方です。

具体的にいいますと夢を追いかけるフリーターとか学生などです。ちなみにパートもアルバイトといえば、同じ分類になります。アルバイト、というのはドイツ語であり、パートタイムは英語になります。ですから、別に明確に違いがあるわけではないので、気にしないで良いです。但し、さすがにフルタイムのパートタイム、というのはあり得ないです。言葉が矛盾しています、しかしながら、この日だけフルタイムで、ということをお願いされることは仕事によってはよくあります。